Adobe CCコンプリートプランを安く購入する方法【Web制作に必須】

この記事で解決できること
  • 高額なAdobe CCコンプリートプランを安く購入したい
  • そもそもWeb制作でAdobe CCコンプリートプランは必要?

Web制作の仕事をする上で欠かせないAdobe CC (Adobe Creative Cloud) コンプリートプランですが、公式サイトから通常価格で購入すると、年額72,336円(税込)と非常に高額です。

学生・教職員の方限定の半額以下で購入できるプランもありますが、ほとんどの方は購入資格を持っていないかと思います。

しかし、実は学生・教職員でなくとも、Adobe CCコンプリートプランの料金を安くする方法があります。
この記事で解説している方法であれば、通常なら年額72,336円(税込)かかるところを、39,980円(税込)で購入可能になり、年間3万円以上もお得になります!

「何か違法なことをするのでは?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。
この方法はAdobeから正式に認定を受けているサービスを利用するので、違法でもグレーゾーンなことでもなく、公式に認められている購入方法になります。

すでに通常価格で購入しちゃってるよ…。

という方でも損することなく使える方法になりますので、是非最後までご覧ください。

本記事はWeb制作者(コーダー)目線の内容になっていますが、もちろんそれ以外の方でも、Adobe CCが必要な方なら全員に使える内容になっています。

まだ購入していない方も、購入済みの方も、是非この機会に高額なAdobe CCコンプリートプランをお得に利用しましょう!

目次

Web制作にAdobe CCは必要?

本題に入る前に、「そもそもAdobe CCは購入する必要あるの?」という問いにお答えします。
(前置きが不要で今すぐ安く購入する方法を知りたい方はこちらをクリックで飛ばせます。)

結論から言うと、Web制作の仕事をしていく上で、Adobe CCコンプリートプランは絶対に必要です。
その理由を主に3点に分けて解説していきます。

必要な理由① 全てのデザインツールに対応できないと圧倒的に損する

コーダーのメインの仕事はデザインカンプからコーディングを行うことです。

どのデザインツールを使用するかは案件によって様々ですが、ほとんどは以下の4つのソフトの内のどれかを使うことになります。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • XD
  • Figma

この中で唯一Figmaだけが無料で利用することができ、他の3つはAdobe CCの契約が必要です。
Adobe CCコンプリートプランにはPhotoshopIllustratorXDが全て含まれています。

Figmaは比較的新しく生まれたデザインツールなこともあり、他3つのAdobe有料ソフトと比べるとまだまだ普及していません。現状ほとんどの制作会社はPhotoshopIllustratorXDのいずれかを使っています。

PhotoshopとIllustratorはソフト単体での購入も可能ですが、どんな案件が来ても対応できるように、コンプリートプランを購入していずれのソフトも使用できる状態にしておくことが重要です。

と言っても、全てのデザインツールの使い方をマスターしておく必要はありません。
デザインカンプを読み取ってコーディングする方法は基本的には同じなので、どれか1つでも使えれば、経験のないソフトのデザインが来た場合でも、その時に調べながらで十分対応できます。

ソフト単体で1つだけ購入し、そのデザインの案件だけ受注するという選択肢もない訳ではありませんが、それだと本来受注できるはずだった案件を数多く見逃すことになります。

料金が高額なだけに購入をためらってしまう気持ちはわかりますが、

「コンプリートプランの購入金額」より、「コンプリートプランに入っていないがために失注する金額」の方がはるかに大きいです。

必要な理由② XDは無料版が終了、コンプリートプランの利用が必須に

以前はAdobe XDは無料でも利用することが出来ていたのですが、現在は無料版はありません。
また、2023年1月以降、XDはソフト単体で購入することも不可能になりました。

とはいえ、完全に利用できなくなったわけではなく、XDはAdobe CCコンプリートプランの中に含まれています。

つまり、2024年現在、XDを利用するためにはAdobe CCコンプリートプランの購入が必須となっています。

XDを利用している制作会社はかなり多いので、これを無視する選択は非常にもったいないです。
PhotoshopやIllustratorと比べてコーディングがしやすいデザインソフトでもあるため、作業スピードの観点でもXDを使えるメリットは非常に大きいです。

一応、XDには共有リンクという機能があり、XDのソフトを持っていない方であってもWeb上でデザインの確認ができるのですが、共有リンク上からは編集や画像の書き出しが出来ないなどの制約があります。
コーダー側で画像を書き出したり、ちょっとした編集が必要になるケースは頻繁にあるので、やはりちゃんと課金してXDのソフト自体も使える状態にしておくべきです。

単体プランで購入する場合との料金比較

これから解説する方法で、実際にどれだけ料金がお得になるのかをまとめてみました。
(ここでは、Web制作に必要なPhotoshop、Illustrator、XDの3つを購入することを前提としています。)

プラン・購入方法料金
Photoshop 単体購入28,776円(税込)/ 年
Illustrator 単体購入28,776円(税込)/ 年
XD 単体購入単体購入不可
コンプリートプラン 通常価格72,336円(税込)/ 年
コンプリートプラン お得に買う方法39,980円(税込)/ 年
2023年12月時点でのソフト価格

PhotoshopもIllustratorも、単体購入する場合はどちらも年額28,776円かかります。
仮に、単体購入できないXDは共有リンク機能で何とかすることにし、PhotoshopとIllustratorの2つだけを単体購入するとします。すると年額が合計57,552円となるので、これだけならコンプリートプランの通常価格よりは安いです。

しかし、次章で解説する方法を使えば、コンプリートプランであっても年額39,980円で購入が可能になります。
Photoshop、Illustrator、XDの全てが使える上でこの値段なので、非常にお得ですね。

最安値で購入する結論:デジハリの「Adobeマスター講座」に申し込む

さて、それでは本題の「Adobe CCコンプリートプランを最安値で購入する方法」について解説していきます。

結論はズバリ、に申し込むことです。

デジハリAdobeマスター講座とは?

は、デジタルハリウッドという会社が提供する、Adobe CCの使い方をオンラインで学習できる動画教材です。

46時間分の基礎動画教材と、Adobe CC (Adobe Creative Cloud)コンプリートプラン1年分のライセンスがセットになって、39,980円(税込)というお得なお値段となっています。

学生・教職員しか購入できない公式の「学生・教職員向けプラン」を除けば、現状これが最も安くAdobe CCコンプリートプランを利用する方法になります。

動画教材は特に課題やノルマがあるわけではありません。
受講後に条件を満たさないとAdobe CCが使えないなんてことはなく、講座に申し込んだ時点ですぐにAdobe CCコンプリートプランのライセンスが届き、ご利用が可能になります。

なぜ通常価格より安いのか?

Adobe CCコンプリートプランの通常価格は年額72,336円(税込)です。

それに対しては、同じAdobe CCコンプリートプランのライセンスが使える上で、動画教材まで付属しているにも関わらず、39,980円(税込)という破格の安さです。

「何か不正な方法で販売しているのでは?」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、この安さにはちゃんとした理由があります。

それは、デジハリが「プラチナスクールパートナー」として、Adobeから公式に認定されているためです。

Adobeのスクールパートナーとして認可されている企業は、その受講生にアドビ製品を特別価格で提供することを認められています。(詳細はこちら

以下はデジハリ公式サイトからの引用です。

デジハリ・オンラインスクールは
「アドビプラチナスクールパートナー」です

1994年の創立以来 デジタルクリエイティブ教育に貢献してきた実績が評価され、アドビ システムズ 株式会社より日本でも数少ない「プラチナスクールパートナー」に認定されています。そのため、デジタルハリウッドの学生はAdobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を特別価格で購入できるのです。

つまりは、デジハリというオンラインスクールの学生になることで、通常版よりも安い「学生・教職員向けライセンス」が使用できるようになるという仕組みです。

とはいえ、実際に学生である必要はなく、講座に申し込むことでデジハリの学生として認定されるので、社会人の方でも、どなたでもサービスを受けられます。

Adobeのスクールパートナーにはブロンズ、ゴールド、プラチナの3つのランクがあります。
その中で、通学制の教育コースではなく、”オンライン教育コースの受講生”に対してAdobe製品を特別価格で販売できるのはプラチナのみ。
デジハリは最高ランクのプラチナスクールパートナーに位置しています。

デジハリが最もおすすめな理由

Adobeのプラチナスクールパートナーは数こそ少ないものの、デジハリ以外にも存在します。
例えば、以下の他スクールが提供しているサービスも、デジハリと同じく「動画形式の通信講座」と「特別価格のAdobe CCライセンス」がセットになったサービスです。

値段はと完全に同じですね。(2023年12月時点)

それでは、なぜこの記事がデジハリを最もおすすめしているかというと、申し込み後にAdobe CCコンプリートプランのライセンスが一番早く使えるからです。

スクールによって動画教材のわかりやすさなどに多少違いはあるかと思いますが、この記事をご覧の方は動画教材よりもライセンスを安く買うことが目的の方が多いでしょう。

そのため、申し込み後にすぐ使えるを最もおすすめしております。

デジハリの申し込み方法

申し込みからAdobe CCの有効化まで、以下の2ステップです。(最短10分程度で完了します)

  1. に申し込み、シリアルコードを受け取る
  2. Adobe公式サイトでシリアルコードを入力し、ライセンスを有効化

① デジハリAdobeマスター講座に申し込み、シリアルコードを受け取る

まずは公式サイトに移動します。

下にスクロールしていくと「講座のお申し込み」というエリアがあるので、確認のチェックを押し、[Adobeマスター講座にお申し込み] ボタンをクリックします。

デジハリお申し込み画面入り口

下のようなアラートが表示されるので [OK] をクリックします。

デジハリ申し込みページアラート

ショッピングカート画面に移動するので、内容に間違いがないか確認し、[お客様情報入力画面に進む] ボタンをクリックします。

デジハリショッピングカート画面

その後は画面の指示に従い、

  • お客様情報入力
  • お客様情報確認
  • お支払い情報入力

と手順を進めてください。

無事に申し込みが完了すると、登録したメールアドレス宛に申し込み完了メールと、Adobe CCの引換コードが記載されたメールがすぐに届きます。

② Adobe公式サイトでシリアルコードを入力し、ライセンスを有効化

申し込み時に登録したメールアドレスに、「Adobe Creative Cloud シリアルコード発行のご案内」といったタイトルのメールが届いているはずです。

そちらに記載されているシリアルコードをコピーして控えておきます。

Adobe CC引換コードが記載されたメール

同メールを読み進めていくと、「ご利用の手順」と記載されているエリアがあるので、以降はこの手順に従って進めていきます。
まずは、「(1)コード入力サイトにアクセス」という部分に記載されているURLにアクセスします。

Adobe CC引き換え手順が記載されたメール

Adobe CCのコード引き換え画面に遷移します。
Adobeアカウントをお持ちの方はログイン、アカウントをお持ちでない方はここで新規作成が必要です。

その後はコード引き換えに必要な事項を入力していきましょう。
メールに記載されている利用手順に従って入力していけば問題ありません。

Adobe CC引き換えコード入力画面

「お支払い方法の登録」では、[後で知らせる]を選択しましょう。
[お支払い方法の登録(自動更新)]を選択してしまうと、次年度に「通常版」価格で自動更新されてしまいます。 

全ての入力が完了すると、Adobe CC1年分のライセンスが付与され、すぐにご利用可能になります。

1年間のライセンスが切れるともう使えない?

「デジハリAdobeマスター講座」に申し込むとAdobe CC1年分のライセンスが付いてきますが、特別価格では1年間しか利用できないと言うわけではありません。

再度「デジハリAdobeマスター講座」に申し込むことで、再び特別価格でのご利用が可能になります。

デジハリで取得したライセンスの有効期限が切れる1ヶ月前くらいに、デジハリから更新のお知らせメールが届くので、見逃さないようにメールを必ず受信できる設定にしておくことをおすすめします。

期限が近づくとAdobe社からも更新を促すメールが届くかと思いますが、Adobe公式サイト側から更新手続きをすると、通常価格(72,336円/年)で更新されてしまうので、必ずデジハリ経由で申し込むようにしましょう。

すでにコンプリートプランに加入済みの場合は?

現在すでにAdobe CCコンプリートプランに加入している方でも、問題なく「デジハリAdobeマスター講座」に申し込むことが可能です。

また、デジハリで取得したAdobe CCのライセンスは、現在お持ちのライセンスの期限が切れた後から数えて1年分追加されます。

そのため、現在のライセンスの有効期間内に購入しても損することはないですし、デジハリに申し込むために今のライセンスの期限が切れるのを待つ必要もありません。

まとめ:デジハリでAdobe CCコンプリートプランをお得に使おう

  • Web制作でAdobe CCが必須な理由
  • Adobe CC購入方法の違いによる料金比較
  • デジハリでAdobe CCをお得な価格で購入する方法

について解説しました。

Adobe CCコンプリートプランはWeb制作の仕事をする上で避けては通れない出費ですが、「」に申し込むだけで、年間3万円以上もお得に利用することが可能になります。

是非この機会に、Adobe CCコンプリートプランをお得にご利用ください!

内容が良かったらSNSでシェアしていただけると嬉しいです!
目次